ほくろの取り方とオススメ|失敗しない脂肪吸引で美脚を手に入れよう!
レディー

失敗しない脂肪吸引で美脚を手に入れよう!

ほくろの取り方とオススメ

レディー

ほくろ取りたいと思ったら

ほくろを取りたいと思っている人はとても多く、なかには自宅でセルフ除去をしてしまう人もいるくらいです。しかしもし跡が残ってしまったり、そのほくろが悪性であったりした場合、取ったことを後悔することになるかもしれません。そこで、やはりほくろ除去は病院でお願いする方が安心といえるでしょう。ほくろ除去で訪れるのであれば、皮膚科・美容皮膚科・形成外科などがあげられます。同じ病院でも、何科を受診するかによって除去後の仕上がりが変わってきますから、注意が必要です。また、ほくろを除去する理由によっても、かかる費用は大きく異なってきます。美容目的でのほくろ除去は、保険が適用されないために実費負担で金額が大きくなります。悪性の場合や、将来的によくないほくろになる可能性がある場合は、保険適用になり治療費も安く済みます。自分のほくろの状態や取りたい理由などを一度病院で相談してみるといいでしょう。

いろいろな施術法

ほくろは見えている部分は表だけですが、実は根っこのような部分があり、もし根っこを取り残してしまうと、またほくろが復活してしまうのです。小さなほくろほど根っこは浅いために、ほくろ除去を考えている場合はなるべく小さいうちに行った方が、時間がかからず跡も残らずに済みます。レーザーによる治療は最も手軽に行える治療です。リスクも少なく、短時間で終わらせることが出来るために人気があります。ただし大きなほくろは治療できない場合もあり、ほくろの再発の可能性も捨てきれません。メスやくり抜きでの治療は、完全にほくろを取り切れるという点ではメリットが大きいでしょう。ただし、傷跡が残ってしまったり出血を伴う場合もあるので、あまり目立たない部分に向いている治療法とも言えます。また、悪性腫瘍の疑いがある場合はメスによる切除縫合を行います。入院や通院を必要とするため、スケジュールを空けておく必要があります。メスやくり抜きでの施術は、美容皮膚科ではなく、皮膚科や形成外科で行うことになります。このように、ほくろの除去といっても様々な方法があるので、気になる人は一度皮膚科で相談してみることをお勧めします。