婦人

失敗しない脂肪吸引で美脚を手に入れよう!

豊胸にお勧めの方法

胸元

最近人気となっている豊胸術が脂肪注入法です。シリコンバックなどと比べると触り心地も見た目も自然で、そのことが人気の理由となっています。ですが、注入した脂肪がどれだけ定着するかわからないことから仕上がりをイメージしにくい治療でもあります。

» 詳細

美容促進は医療の力で

女の人

皮膚科よりも幅広い美容治療を受けられるのが美容皮膚科であり、大阪では傷跡がほとんど残らないプチ整形が人気となっています。老化の進行が本格化したら化粧品や薬では対処できませんから、美容皮膚科で施術を受けるべきです。肌代謝の促進・角質除去などの効果も得られるため、老化を防ぐためにも役立ちます。

» 詳細

後悔しない為に大切なこと

婦人

術後のケア

脂肪吸引の傷跡が目立つという事は、脂肪吸引手術が失敗したというわけではありませんが、気になるという人も多いようです。脂肪吸引後の傷跡が気になるほど目立っているという場合には、傷跡の修正手術を受けると良いでしょう。傷跡が残ってしまう理由にはいくつかありますが、医師の技術が未熟であったということだけではなく、自己判断でケアをしたことが影響をしている事もあります。傷口をこまめに消毒したり、市販の塗り薬を使用するなどを行った場合には、傷の治りが遅くなったり、傷跡が目立つ結果になる可能性がありますので、注意が必要です。失敗しないためには、医師に相談をした上でケアをするという事が何よりも大切になるでしょう。

メモを持参

脂肪吸引を失敗しないためには、いくつかのポイントがあります。まずは、自身で失敗とはどのような状態なのかを確認するということです。失敗する原因もあわせて確認しておくと、医師に相談しやすく、カウンセリングの参考にすることも出来ます。初めてカウンセリングを受けるという場合、緊張もあり何を聞いて良いか分からないという場合や説明が分からなくても受け流してしまうということも少なくはありません。そのような事を防ぐためにも、あらかじめ聞く内容を整理しておくと良いでしょう。クリニックにもよりますが、カウンセリングには1時間程度の時間がかかることが多いようです。その日は時間に余裕を持って予定を組むようにしましょう。

ほくろの取り方とオススメ

レディー

ほくろは自宅でのセルフ除去をする人もいますが、跡が残ったりするリスクもあるために、皮膚科や形成外科でのほくろ除去がオススメです。小さなほくろで跡を残したくないなら美容皮膚科でのレーザー、大きめのものは皮膚科・形成外科などでくり抜き、悪性のほくろは切除縫合の治療といった区別があります。

» 詳細